<< お誘い:会津ツーリング~白河エ... 今日の稽古(2005.10.8) >>

昭和61年(1986)以降は・・・・・。

エンデューロにはまっていたとは言っても、毎月のように出ていたわけではなく、お金も無かった(今でも)のでそこそこです。

YZ125は、レースごとにキャブを外して分解。
清掃しながらの晩酌もおつでした。
セッティングは、分からなかったのと譲り受けた状態が非常に良かったのでそのままで。
低速トルクもあり、回せばパワーも出ていて、自分にとっては完璧でした。
あの時代のレーサーって初心者にも優しかった気がするなぁ・・・・・。

錆びてきたチャンバーを外して、耐熱塗料(つや消しブラック)で塗り直したり。
そのときリヤサスがWPだってことに気がついたり。
組みあがると、近所をノーヘルで走り回ったり・・・・・(良い子はまねしないようにしましょう)。

主に走っていたのが、桶川のセーフティーパーク埼玉。
モトロマン主催のレースが多かったかも。
GARRRカップも何度か出ました。

そんな折、川越で「モトクロスごっこ」なるイベントが始まり、基本を習おうと思ってエントリーしました。
超初心者ばかりかと思いきや、フリー走行ではレース並みのバトルになって気が抜けなかった。
そんな参加者を察して福本さんは、ジャンプの基本や、ウォッシュボードの基本などもレクチャーしてくれました。
出来たばかりのオフロードビレッジは適度に湿った土がいい感じで走りやすかったです。

そのとき借りたバイクに非常に興味を覚え、帰宅後にかかってきた福本さんからの電話で、注文しちゃいました。
そのバイクは・・・・・・・・・・XR100R!

これで、ウエストポイント主催のレースにも出るようになりました。
ウエストポイントとのお付き合いで最大の後悔が、YZ125を手放してのCR250(88)購入です。
(金無い割には良く買うなぁ・・・・w)

「125よりトルクがあって、かえって乗りやすいですよ」
・・・・・・・・・・とんでもないです。
怖くてアクセル開けられません。
体が置いていかれます。
何と言っても硬いサスペンションと、強力なブレーキ!
前転2回しました。

それでも何度か桶川にも行き、ジャンプの練習などして、モトロマンのエンデューロにも出ました。

そんなある日、スイングアームの付け根のボルトが外れかかっていて、曲がったまま残っていたのを発見し、どうしようかと思いながらも職場に放置していた6月、盗まれました・・・・・・・。
おそらく・・・・・1991年頃だと思います・・・・・・。

その後はXR100で飯倉まで行ったこともありました。

その頃、オフロード界では町おこしエンデューロや町おこしラリーなるものが流行り始めていて、自分の興味もオープンエンデューロへと変わって行きます。

ナンバーつきの車体が無性に欲しくて仕方が無い時期で、無理だとは思いつつもXR250(ME06)が脳裏を離れなくなりました。

・・・・・・・・・・今回は写真無し。見つかんなかった。・・・・・・・・・・
by kyoikyoi | 2005-10-12 21:33 | 昔々のバイクライフ
<< お誘い:会津ツーリング~白河エ... 今日の稽古(2005.10.8) >>