<< トルクレンチの精度は・・・・・。 包帯猫 >>

昭和63年ごろ・・・。

昭和61年(1986)は息子が生まれた年。
昭和63年(1988)は娘が生まれた年。

おそらくこの間はバイクに乗ってなかったような気がします。
スーパーバイカーズにしたRH250も早く売ってしまい、YZ125で遊んだ記憶もそれほど多くないです。
通勤は主に車(シャレード:ターボディーゼル)で、ひたすら貯金に明け暮れていたような気がします(もう二度とないであろうなぁ(笑))。
元来、貯金が出来る体質ではないので(爆)。

そのころ、住宅ローンを背負い始め、職場が替わって(田無→久喜)生活が一変します。

そんな折、またまた何を考えたのか、3時間エンデューロにエントリーします。
マシンは前出のYZ125。
きっかけの一つとして、友人から ホンダ アクティー を仕入れた(3万円くらい)のが効いているかもしれません。
リヤエンジンのこの軽1Boxは、YZ125がぴったり収まりました。

弟と二人で行きました。

初めてのエンデューロレースなのに加えて、ろくに練習もしないまま、興味だけでエントリー。
(若いなぁ)
ダートキング主催の3時間エンデューロは相模川の河川敷で行われました。
出番を待つYZ125&トランポのアクティーちゃん。
d0053409_20235100.jpg

驚いたことにゼッケンは「1」だったんですねぇ。
偉そうです(笑)。

結果は散々でした。
レース中の自分は
d0053409_2028381.jpg

かなりビビリモードで、腰が引けてますね。
ここはフロントが浮くくらいアクセル開けてないといけませんなぁ(笑)。
砂のウォッシュボードは難しかった・・・・・。
d0053409_2041456.jpg

中央は弟です。

だいたいが、この泥だらけなのは既に数回コケた証拠。
中でも、フロントからコケた直後に後続車に轢かれた後は、肘と足を痛めてしまい、終了まで弟に走ってもらったのを憶えています。
帰りの道中は悲惨でした。

おびただしい汗と、経験したことの無い消耗で、帰った後の体重は6キロ減でした。
(死ぬかと思った!)

ところがこの後、エンデューロにはまりはじめます。
(つづく)
by kyoikyoi | 2005-10-05 20:42 | 昔々のバイクライフ
<< トルクレンチの精度は・・・・・。 包帯猫 >>