<   2005年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧

その後(昭和59~61年位?)

最初のバイクがKAWASAKI Z400LTDで、その後ひょんなことから初代レプリカ SUZUKI RG250ガンマ を買うことになりました。
写真が見当たらない(結構撮ったはずなのに)ので、コメントだけ。

これに乗ってから、いわゆるレプリカ系のバイクに興味がなくなりました。
全く自分に合わないカテゴリーでした。
5000キロ足らずで、知り合いのお子さんに譲りました。

高速コーナーは気持ちが良かったですが、タイトコーナーではフロントが切れ込んで怖い思いを何度も味わいました。(普通の交差点でもアクセル戻すと倒れそうになる)

でも、このバイクで思いで深いのは、まだ舗装されていない頃の「ぶどう峠」。
それまでも、購入に強く関わった東大の外科医とのツーリングでダートを何度も走らされ「何でこんなところを・・・」と思いつつ着いていったおかげで、知らないで入った「ぶどう峠」も転ぶことなく走りきりました。
(今は走りやすいですね>ぶどう峠)
これってWさんを中心とする最近の状況に似てるかも・・・・・。

時同じくして、規制前のハスラー(TS50)を仕入れてダートを走る日々が始まりました。
とは言っても、多摩川の川原で遊ぶ程度。
土手を登ろうとして、勢いあまって棹立ち・・・・・・なんてことしてた程度です。
このハスラーは狛江から田無までの通勤に使ってました。
夜の帰宅は20分かからないで走ったので、結構速かったかも。

その後、どういうわけだか(未だに謎) SUZUKI RH250 が欲しくてたまらなくなり、既に生産中止となっているところで探し回りました。
世はDT200Rの全盛期でした。
ある日、通勤途中の普通のバイク屋の前で信号待ちしていると、奥のほうからオーラを感じました。
ハスラーを歩道に入れて、バイク屋の前に立ち、奥のほうを覗き込むと、埃にまみれているものの、紛れも無く探しているものがありました。
新車には見えないくらいのひどい状態でしたが、価格も中古並みで即決!

だけど・・・・・・こいつでダート走った記憶が全く無いのですよ(不思議と)。
もっぱら通勤快速として使われまして、トラックとの衝突で入院した時に知り合ったバイクのメカニック(ロードレースの選手でもある)に、「スーパーバイカーズ(今で言うところのモタード)」にしたいといって、退院後預けた結果が以下です。

d0053409_20341380.jpg


前輪を18インチに落として、前後タイヤをTT300GPにしました。
写真には写ってませんが、チャンバー&サイレンサーはワンオフで、頭打ちの早かったエンジンに伸びを加えてもらいました。
こんなことやってるくらいだからダートはいってないことになりますよね。

でも、同じ頃の写真には
d0053409_20362076.jpg


こんなものもあって、既にYZ125を所有してたことになります。
この辺の記憶が曖昧で・・・・・・・・困る・・・・・・・・。

手前のRZ250は、弟のものです。
(これも良かったなぁ)

つづく・・・・・。
by kyoikyoi | 2005-08-29 20:38 | 昔々のバイクライフ

今日の稽古(2005.8.27)

剣J会です。

稽古前の礼式で「元が少ないのでお互いに稽古してください」と、O先生から言われました。
やな予感・・・・・・・・的中!
KTさんからお願いされ、そのまま元に立つことに。
40分後、寒気とめまいで切り上げざるを得なくなりました。
(並んでいただいた方には申し訳ありません)

KTさんは苦手だと以前書きました。
その後、対策を考えないままだったので、今日も迷いました。
終盤、出鼻に面に乗る機会が数本ありましたが、納得してません。
もう少し何とかなると思うので、次回はリベンジを・・・・・。
でも今日の雰囲気じゃ次回は無いかな。
こちらからお願いしましょう。

その後、元気のいい方ばかり4人ほどと稽古させていただいて、もうへろへろ。
NYさんと、NMさんには申し訳なかったです。

待って仕留める or 誘って返すようなことが今一得意ではないので、どんどん打って出ているうちにイッパイイッパイになっちゃいました。

総合すると、いいところもそこそこ、悪い癖もそのままで、反省の余地ありなのはいつもの通り。

もっとよく考えて稽古に臨もう。
(稽古中は思い切って出るだけ!)
by kyoikyoi | 2005-08-27 22:58 | 剣道

1日早い娘の修学旅行が始まった

実は明日から娘は修学旅行(あの学校では異文化体験旅行というらしい)で、オーストラリアへ行くのですが、前日の今日は、親友のお宅にお泊りとなり、1日早い修学旅行が始まりました。

「忘れ物は?」
「何か忘れてる気がする・・・・・」
「・・・・・・今晩なら届けられるから早めに思い出せ!」

夜になって家内に確認させたところ、制服(ブレザー)を忘れたので持ってきてと・・・・・。
(怒!)
よりによって忘れるものが!!!!!

仕方ないので目白まで行って来ました。

そう言えば、オーストラリアのどこでホームステイをするとか、それが何泊なのかとか、全く聞いていないことに気がついて、先方のお宅で確認させてもらいました。

メルボルンから少し行ったところでホームステイをして、ホームステイ先の同年代の子と一緒に現地の高校に通い、都合4泊するそうな。
その後、シドニーでホテルに1泊して帰路に着くそうです。

子が子なら、親もまた親。

暢気なもんです。

因みに、娘の部屋は、留守中ミーちゃんの部屋として使うはずだったのですが、どうやら人の言うことが理解できないようで、ここにいます(爆)。

せっかくだからベッド独り占めして寝な。>ミーちゃん
by kyoikyoi | 2005-08-25 23:00 | My Family

今日の稽古(2005.8.24)

自K会です。

昨日、剣J会に行くつもりでしたが、緊急の仕事が入って7時半くらいまで働いてました。
スゲー雨で濡れて帰りました。(その後すぐやんだのが悔しい)

自分との稽古を楽しいといってくださるOS先生にお願いした後、いつもの通りT先生で掛かり稽古。
久しぶりにWS先生が元に立っておられたので、お願いしました。

この先生は切り落としの面が得意のようで、いくら面を打っても中心を割られて打たれます。
今回は自分もその辺の修行を積んでいる(少しね)つもりだったので、試そうと思いました。
ところが、先生はなかなか出てきてくれません。
強い剣先で容易に打っていく事も出来ず、表や裏から払って面に行くしかできませんでした。
技を出す前に何かするのは性に合わないので、思い切って行くと、案の定切り落とされました。
小手から面にわたっても簡単にかわされますし、同じ事を繰り返すと容易に返されます。
ここは一つ、面に来るところをこちらが切り落としてみようと待っていると、上手く行きません。
そのとき後ろから声が掛かりました。
「攻める気持ちが出ないとだめだよ」
・・・・・・・・・U先生でした。

攻めて攻めて打って行く様にした結果、面に乗ることが出来ました。
でもこの一本のみ。

後半は打ち込み稽古になり、T先生との掛かり稽古と合わせて、もうイッパイイッパイ。
しばらくしゃがんで呼吸を整えようとしましたが、時間までに回復しそうに無いと思ったのと、ちょっと気持ち悪くなったので面を外しました。

稽古後、WS先生から、
「狙いすぎですよ。もっと感覚を信じて出たほうがいい。目で見すぎてるので、遅れて真っ直ぐ打てないのです。感覚で出れば、良い時と悪い時があるでしょうけど、良い時が分かってくれば良い技も増えてきますから。」
と・・・・・・・・・・。

自分を信じる。
ここというときには思い切って技を出す。
だめでも諦めない。
繰り返す事でいいものが残る。

修行の道のりは遠いけど、次回の審査(6段)は1回で合格できるように肝に銘じてます。
信じて進もう!!

ps.
KHさん、残念でした。
あなたがだめなら今の自分は確率ゼロです。
自分が追いつく前に先に行ってくれることを願うばかりです。
by kyoikyoi | 2005-08-24 22:01 | 剣道

大名栗&中津川林道+α

昨日(2005.8.21)Wさんのお誘いに便乗して行って来ました。

本当なら、マフラーをクレーム交換してもらうために My Dakar は入院する予定だったのですが、ドイツから届くまでにあと1~2週間かかりそうとの連絡があり、行ける事になりました。

6時15分頃出発。
463号へ出て、小手指で463バイパスへ。
県道8号経由で16号に出て、最初のコンビニで休憩&水の購入。
その先の分岐で所沢青梅線へ入り、東青梅の駅前の先で右折し、このまま真っ直ぐ行けば名栗へ到着のはずだった・・・・・。

走りやすいワインディングは民家の軒先の路地に直結していて、「?」と思ったら軍畑にでました。
あれ?と思いつつも右折してしばらく行くと、「国道411号」の標識が・・・・・。
あわてて止まって確認すると、途中で右折しないといけなかったのね。
そう言えば後続のバイク数台+四輪がまとめて右折していった分岐があったのを思い出しました。
時間的に余裕があったので、それほど焦ることなく引き返し、あの分岐で左折し突き当たりをまた左折。
その先の二股を左に行って、すぐ集合場所の温泉宿の看板があるのですが・・・・・・行きすぎちゃって有馬ダムに到着(笑)。
引き返して、集合場所には8時30分ごろ着きました。

しばらくしてR100GSのムラカミ氏登場。
はじめまして&雑談で時間をつぶしていると、KTM640のnori氏到着。
はじめまして&雑談中、有馬ダムから入って大名栗林道走ってきたというセローに乗るおじさんが加わって話が弾んでいるところに、満を持してW林氏到着。

しばらくセローのおじさんと談笑するも、その傍ら出発の準備に余念の無いメンバーに遅れることなく準備OKで「GO」となりました。

温泉宿の脇をさらに入って行くと通行止めの看板がありましたが、さっきのセローのおじさん情報によれば「問題ない」ということなので、かまわず進入しました。
ダートに入ってから自分のDakarは、やけにフロントが落ち着かず、経験したことが無いくらいの恐怖感に驚きました。
空気圧のせいかと思いました。
でも、このくらいの高めの空気圧はいつもの通りだし、こんなに横へ逃げたがる前輪は初めて。
慎重にならざるを得ない状況で、後ろにはW氏がぴったり張り付いてくれてます。
頑張らないといけないと思った矢先、先頭のnori氏転倒。
カバーした後も不安定なフロント&W氏のプレッシャーに悩まされ、冷や汗の連続でした。

「分岐で止まって待つ」というW氏の指示通りにnori氏&ムラカミ氏が止まっていました。
左には上って行く道、右は急な下り。
「楽しいからピストンで行って戻ってきましょう」はW氏のお言葉。

この時、W氏の「楽しい」のレベルを計れなかった自分が悔やまれます。
しばらくは普通の下りで、砂利が浮いているわけでもなく、やや狭い程度だったのが、いきなり荒れだして、大ガレの急な下りに変身!
ちょうど路面状況が変化したあたりで、ムラカミ氏転倒。
車体のダメージも少なからず、再発進は問題ないものの、心と懐の痛みは幾ばかりかとお察ししました。
自分はその後、2速でも怖いので、1速アイドリング多用して降りて行きました。

舗装路に出てもなかなか皆さんに追いつけず、「?」と思った頃、nori氏&ムラカミ氏を発見。
GSの応急処置を見届けて、先を行くであろうW氏を探しにいきました。

W氏発見!!
木陰で寝てました。
何でも、側溝に前輪はまって大変だったとか・・・・・。
でもそれって、暇をもてまして余計なところ入っていったおまけ。
一人でカバーできちゃうところがすごいのよね・・・この人は。
そのとき頑張りすぎて体調が悪くなり、寝て居たそうな。

やがて他の二台も到着し、もう少し降りて売店の駐車場で一時休憩。
そしてさっき降りてきたガレ場を登りました。
(登りはそうでもなかった・・・・・・かな?)

再び大名栗林道へ出て、しばしの休憩後、「乗ってみませんか?」とW氏から提案が。
結局取り替えて走ることになりました。

WPを組んだDakarは驚くぐらいしなやかな動きで路面の凹凸を吸収してくれます。
加えて、スーパートラップの威力なのか、トルクがフラットでアクセルワークが楽でした。

ただ、あまりにも違いすぎるライディングポジションに慣れる事ができず、最後までスローペースでした。

舗装路に出てW氏の話を聞くと、自分のDakarはフロントがロードバイクのように硬く、動いていないことに疑問を感じたそうです。
そこで、フォークの歪みを発見し修正したと言ってました。
修正後は良くなったと言っていたのですが、走ってみないと分からないので、次の中津川林道で検証となりました。

その後の舗装林道は先行の3台に置いて行かれて慌てました(笑)。

荒川村で昼食後、中津川林道へ入りました。

ダートに入ってすぐ、先頭のW氏が止まって「行け行け」サイン。
どうやら自分の後ろでチェックを入れる腹づもり。
逆に考えれば、どうなっても安心できる後ろ盾が居るわけで、普段よりもちょっと大胆に走れました。
W氏に修正してもらったフロントは嘘のようによく動いてくれて、不安定感も感じることなく安心して走れました。

そんな矢先、林道の途中に人だかり・・・・・・???
d0053409_21522263.jpg


カモシカの子供ですかね。
とても人懐っこい感じで、野生動物としては危険な予感さえ抱かざるをえない光景でした。
でも、結構かわいいのね>カモシカ。

でも、人を見て攻撃をかけてくる1面も・・・・・。
d0053409_21541953.jpg


しきりにW氏のDakarで顔を掻いているカモシカ。
d0053409_215698.jpg


この後、スーパートラップの爆音で山に帰りました。
触っておけばよかった・・・・・と後悔しきり。

なんて間に他の3台は早々に出発。
慌てて追うものの、追いつくわけ無いよな・・・・・・(涙)。
それでもDakarで走った中津川林道(4回目)中、最速だったと思われます!(爆)

峠で談笑すること30分あまり。
d0053409_21563350.jpg


自分はこのまま引き返して、中津川林道を下って帰る事を告げ、失礼しました。
(他のメンバーは川上牧丘林道経由で帰宅との事)

牧丘まで出ると帰りの渋滞が心配でした。
渋滞のすり抜けは苦手なんですよねぇ。

下りの中津はトラウマになっていたのですが、今回は克服できたと思います。
要は基本がなっていなかったための転倒を引きずっていたのでしょう。

しっかりとニーグリップして、後方加重、ブレーキは柔らかく&早めに使う。
アクセルは開けるように心がけ・・・・・・たら、上手く走れました。(自分なりに)
しばらくここに通おうかな(百回?)

ダートが終わって舗装路に出たのが、15時15分。
帰宅は18時40分頃でした。

約320キロのツーリングでした。
(楽しかったぁ)
by kyoikyoi | 2005-08-22 21:57 | Dakar

昨日の稽古(2005.8.19)

自K会です。

自K会の夏休みも終わり、稽古再開です。

自分も先週末の剣J会以来の稽古で、ちょっと体が重い・・・。
先ずは基本に徹して行こうと思い、U先生にお願いしました。
次にT先生に掛かり(本当に掛かり稽古)、踏み込みの確認。
竹刀も真っ直ぐ出ているようなので、満を持してY先生にお願いしようと並んでました。
なかなか順番が回ってこなかったのですが、どうしても今日はY先生にお願いしたかったので、我慢して待ちました。
終了5分前に自分の番が来て、思い切って出ることだけ心がけました。
「一本取りたい」という執念が実り、無意識で出た面が一回だけ決まりました。

・・・・・・・満足です。

今日はこの一本に尽きます。
「このまま続けるように」と、Y先生から言われました。
ちょっと自信がつきました。

稽古後、車を置きに帰ってからOS先生&KHさん&NHさんと飲みました。
KHさんは明日の6段審査を受験されるそうです。
吉報待ってます!

自分も3年半後には追いつきます!!
by kyoikyoi | 2005-08-20 10:05 | 剣道

最初のバイク

ちょうど高校に入る頃、中型免許なるものが登場し、でかいバイク乗るなら「限定解除」を取らないといけなくなりました。

その頃はもっぱら友人のバイク(GT250)の後ろであくびをしてました。

金銭的に困難な状況に加えて、博打(マージャン)に明け暮れる日々だったので、興味はあったものの乗るところまでは行きませんでした。(親の反対も強力だった)
内緒で原付免許取得して、これまた友人のバイク(DAX)を借りて乗ってましたが、通学に使う程度で特にどうって事無かったです。

マージャンに夢中になっている上に、禁止されていたバイク通学をするなど、模範的(?)な都立高校生活はあっという間に終わり、進路もテキトーに決めて現在に至ってます(大爆)。

中型免許を取得したのは社会に出てから。
上司に無理行って、平日の午前中のみの教習で一週間で終わるコースに通いました。
そのときは平均台の規定タイムでもまだ半分ほどで、「一本橋なんて楽勝♪」と思っていたのに、大型取るときはそこだけで4時間オーバーでした(笑)。
(歳は取りたくない・・・・・)

そして初めて買ったバイクが写真右のZ400LTDでした。
d0053409_19372834.jpg


このバイクは欲しくて買った物ではありません。
先輩(左の人物)が、XJ400Spesialに乗り換えるというので、買わされました。
自分のカッコもかなりダサいです(笑)。

写真中央のバイクに注目してください。
この写真を撮った人物のバイクですが、当時としては珍しいトップケース装着。
ステーも自作と思わせるところが憎いです。
このケースは・・・・・・クラウザーでしょうか?。

結構いいバイクでしたよ。>Z400LTD
この400ccバーチカルツインは結構味のあるエンジンで、嫌いじゃなかったです。

この後数年して、この写真を撮った人物(東大の外科医)の影響で、出たばっかりのRG250γを買うことになります。
(つづく)
by kyoikyoi | 2005-08-14 19:47 | 昔々のバイクライフ

次期購入車両(四輪)の候補は・・・・

Dakarを買ったディーラーは、隣で四輪のBMWを売っているという実に好都合な(悪魔のような)ところです。
自分の二輪担当だった営業マンが四輪に移ったのが春。
再三「来て見て。試乗してみて。」という葉書が来ていたので、暇を持て余していた昨日行ってみました。

・・・・・「えっ?夏休み?」

葉書もらった次の日に行ったんですよ。
そうならそうと書いとけよ「バカ!」。

そういう奴なんです。

でも幸いだったのは、当日対応してくれた営業マンがとても話の分かる素敵なおにいちゃん。
「もし買うとしたらあなたから買いたい」
と言ったのは言うまでもありません。

懇切丁寧に説明してくれて、終始笑顔。
気を良くして、カタログ担いで帰りました。

そして今日、以前MLの方に連れて行ってもらったうどん屋さんに、家内を連れて行きました。
そこは、川崎IC近くの讃岐うどんのお店。

またしても行列が出来ていましたが、以前より少ない。
(食べて出るときは3倍になってました)

家内も大喜びの美味しいうどんでした。

気を良くした家内に、「見てみる?」と・・・。
軽く「うん!」の返事だったので、帰りにまたディーラーへ行きました。

今回は試乗までしました。

試乗車両は、530i-Mspo. & 325i 。

先ずは530Mspo。
非常にしっかりとしていて驚くくらいの安定感。
サスも思ったほど硬くなく、むしろこのくらいがちょうど良いかもと思えるような感じでした。
エンジンも必要にして十分。
あまり踏み込め無かったので上は分かりませんが、これならストレス感じることは無いでしょう。
ただ、アクティブステアリングはどうも・・・・・。
左折時に左へ平行移動してから回頭する(そう感じた)のは感覚として馴染めないかも。
無いほうがいいかな。

次に325i
「楽しい」と思える感覚がすぐに伝わってきました。
振り回せるような錯覚に陥ります。
自分の技量に「適」なバランスと思えました。
これなら飽きることなく走り続けられるでしょう。

個人的には5のほうが欲しいと思いましたが、3も捨てがたい。

家内は3じゃないと怖くて運転できないと言うし。

そう言っておきながら「MTは?」と聞いてくるところはさすが!!
じゃぁ4気筒か?(Mなんて言えません)
等と幸せな会話が続きました・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・が!!!!

買えませんよーーーーーーーーーーーーーーーだっ。

あと4年は無理!!

でも良かったなぁ>欲しい
E39はやめました(笑)
しばらくは幸せな会話と勝手な想像で楽しみます(爆)
by kyoikyoi | 2005-08-13 23:38 | Other

今日の稽古(2005.8.13)

剣J会です。

火曜日に行けなかったので、ほぼ一週間ぶりでした。

今日は倅が行くというので、先ずは倅と基本稽古をした後、軽く地稽古をして他の先生に掛かる様に言いました。
そしたら、5人ほど自分に並んでいます。
そのまま元に立ち、ほぼ最後まで。
ラスト5分にY先生にお願いして終わりました。

元に立っていた時の稽古は、自分よりも段位の低い方が殆どで、動きを良く見て、出鼻のみ狙うようにしました。
結構上手くいきました。
ただ、欲を出して打ち込むとだめです。
この辺はいつもの悪い癖で、我慢が必要です。

同じくらいの(歳も段位も)方とは、かなり気の張った稽古になりました。
あれこれ考えるとだめなので、先を取って出鼻を狙いました。
上手く行く人も居れば、難しい人も居ます。
まだまだ修行です。

でも、先を取っておいて簡単に打ち込まないようになって来ましたので、少しは進歩しているのかなと・・・・・・甘い?・・・・違う?

Y先生には完敗でした。
どうも自分の事を研究されているようです。
以前は「苦手だ」と言われていたのに、今ではカモにされてます。
次回こそは!!!!!

また行こうな>倅
by kyoikyoi | 2005-08-13 22:39 | 剣道

ETCで初乗り

ETC本体設置のときに申し込んだカードがまだ来ないのに、設置1週間後にWebから申し込んだETCカードが昨日届きました。

新規だと遅いのね・・・・・。
まぁ、いずれ解約するので普段使っているクレジットカードで作っておきました。
(手数料永年無料だし)

そこで、実験を兼ねて早朝の東北道を走りました。

とは言っても、浦和~岩槻間。

何の確認がしたかったのかというと、設置したときの書類に記載してある、自動車登録番号の下一桁が違っているのに昨日気づき、大丈夫だろうとは思いましたが、念のため。
(まったくぅ・・・・・なにやってんの!)
それと、早朝割引の確認です。

5時半頃出て、8分後には浦和ICへ。
初めてのETCレーン・・・・・。
大丈夫かな?
d0053409_6424593.jpg


「ひらけごま!」
d0053409_643164.jpg


大丈夫でした。

目指すは岩槻IC(笑)。
この区間、高速使うのは20年ぶりか?
で、すぐ到着。
料金は・・・・・。
d0053409_6453616.jpg


150円!!

実験成功(ってか、単なる確認です)。
by kyoikyoi | 2005-08-12 06:51 | Other