カテゴリ:エンデューロ( 38 )

久々の練習・・・。

skypoodleさんのお誘いで、栃木県は鬼怒川の河川敷に行ってきました。

まだ納車待ち中の自分は、skypoodleさんの、KTM125EGSをお借りして楽しませてもらいましたw。

でも残念なことに、自分:カメラ忘れる(コンタクトも)、skypoodleさん:写真撮る余裕が無い
で、画像がありません(爆)

ここで、多少の雰囲気は掴めると思いますw。
要するに、ここの皆さんにお世話になりました。

ありがとうございました。

とても気さくな方たちで、
「コース変更したから一緒に行きませんか?」
と誘ってくれました。

そう言われる前にちょっと走ったのですが、どう走るのか皆目見当が付かない有様で、困ってました(笑)

中心的な方とお見受けしたH氏の先導で皆で走り出すと、当然こっちだと思っていたところが、実はコースアウトをするかのように脇にそれて、林間のシングルトラックに入っていったり、「え゛!」というようなところを走らされたり・・・・・・。

結構距離があって
「覚えるのは無理」
と思っていた矢先
「こっちも面白いから皆でいきましょう♪」
と、H氏

「・・・・・・・・なんかやな予感・・・・・・」

予感的中!
最初に現れるヒルクライムで、skypoodleさんがまくられました。
「・・・・・・新車のEXC-Fが・・・・・・・」
エンジンの慣らしの後に、外装の慣らしも終わって良かったですね♪

ここはちょっと苦労しましたが3回目で登頂!
その後も、突然現れるサンドのコーナーやウォッシュボードに苦戦したり、ミスコースしてややこしいキャンパー走行を強いられたり・・・・・。
とにかく長かった・・・・・・。

それでも、無事走り終えたときの充実感はなかなかw。

その後skypoodleさんから
「外装の慣らし終わったから乗ってもいいよ♪」
と・・・・。

ためらいも無くお借りしました(爆)


1週だけでしたが(最初に走ったほう)4スト250ccとは思えないですね、こいつは。
2ストの感覚で行かないとまともに乗れませんでした<自分
でも、すごいパワーでした・・・・。
2ストほどピーキーじゃない(と思う)ので、自分にはEGSよりこっちがいいですが、正直言って
「どう乗ればいいのだろう??」
と・・・・・。

skypoodleさんも同じ疑問を持っていたようなので、
「上手な方に乗ってもらえば」
と提案して、乗ってもらった感想が
「サグが出ていない」
ということでした。
リヤがはねるから乗りにくいのだという、H氏の力説に耳を奪われてしまいました。

すぐさまH氏と共同でサグ出し。

プリロードは触らないで、ダンパーの調整だけで完了とのこと。

手で押しただけで確かに違うのが分かりました。

実は、skypoodleさんが乗って
「乗りやすくなった♪」
と満面の笑みを浮かべて帰ってきた後に自分が乗せてもらいました。

昼食で美味しい鍋料理をご馳走になっているなか、H氏の提案で「リレー」で遊ぶことに決定。
・・・・・・・・要するに午後はレースにしましょう・・・・・・・・と。

3~4人づつに分かれて3チーム作って、8週のノルマを均等に走るというもの。

バイクは自分のor好きなもの。

自分は迷わずH氏の「XR100」をお借りすることにw。
久しぶりのXR100.
希望して1番ライダーになったものの、ホールショットを狙った無理な突っ込みで「大転倒!」
チームの足を引っ張りました・・・・・・・(涙)

結果は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・どうでもいいよね(爆)

ここのコースはとても分かりにくい場所なので、教えろといわれてもそう簡単には教えられません(笑)
ご興味のある方は是非ご一緒しましょう。

無料でバリエーション豊富なので、また行きますよ~~~~(笑)


最後に
skypoodleさん、ありがとうね♪
またいこねw。
by kyoikyoi | 2007-01-28 21:15 | エンデューロ

閉鎖?!

W松さんちの「谷田部エンジョイスポーツランド」が閉鎖だそうです。

なんでも、近隣の方に騒音被害があったり、土地の境界線でちょっともめそうなんだとか・・・・・。




ものすごくテクニカルで、来年の課題がぎっしりつまっていただけに残念です。

でもまぁ、白河にも課題は山ほどありますが(笑)

候補地が既にあるような感じに受け取れる文面のメールでしたので、そう遅くない時期に新ホームコースがアナウンスされるでしょう。



でも・・・・・・・残念だなぁ・・・・・・・・ダブちゃんで走ってみたかったなぁ・・・・・・。
by kyoikyoi | 2006-12-30 17:56 | エンデューロ

お楽しみエンデューロ参戦記

犬の里帰りwを兼ねて行ってきました。
d0053409_18245316.jpg

3ヶ月前にここで貰ってきたんだよなぁ・・・<犬

覚えていてくれる人が大勢いて、犬達も嬉しかったことでしょうw。
特に、子供達の反応はすごかった。
加えて、当時いた子供達の中に「蘭」ちゃんと「華」ちゃんが居たことを知って、運命を感じた。

不思議だぁ・・・・・・。



で、レース♪

レースとは言っても、全く競技をする気が起きない自分は、山の中に出来たコースに興味津々で、林道ツーリングくらいの気合(それでも自分的には最高潮w)で参戦!!
午前の部がスタートする直前に到着しました。

今回は仲間が居ましたw。
このレース出場を強く望んだ「Sさん」。
本来なら、紅葉を見に林道へでも・・・・となるところのはずが、「良かったら白河でレースでも・・」と申し出られて、断る理由も無いので決定(爆)
お互いにレンタルバイクで、自分がCR125、SさんがXR200でした。

このところレーサー125に良く乗っているので、「何とかなるかも」と甘い考えでエントリーしたのですが、己を知る決定打になりました(笑)

(疲れたから続きは次回w)

で、続き(爆)・・・リクエストありがとう♪

自分達は午後スタートの1時間クラス。
午前中は上手な人の2時間。
なので、遅刻も平気なのでしたw。
遅刻と言っても、9時45分着ですけどね。

10時からの2時間クラスで大体の感じをつかめるのが利点w。
なんだけど、今回は9割が山の中・・・・・・。
MXコースは外周のみで、想像を絶する展開の予感がしました。
「こわい・・・・」と、Sさんも言い始めて、意気消沈ムード(笑)
d0053409_1635522.jpg

ここの下りでもビビリモードなのに、その先に何があるのやら・・・・。

待ってる間に、山の裏側へ偵察に行くと、木の根がはびこる急坂を登るセクションでスタック続出。
涙目(笑)で見ていると、4サイクルはそこそこ行けるものの、2サイクルが苦戦している模様。
例外はKTMの200&250(2サイクル)。
この2台は平地のように上ってました(スゲッ)
意外とXR100もいい感じで、「MX125」を選択した自分は後悔の気持ちが・・・ちょっとだけw。

ここのセクションをビデオに収めようと、もう一回来て、戻ったころにはラスト30分のアナウンス。

早めにメシ食って準備して、13時のスタートに備えました。


スタート!!
約15台でゆっくりスタート(爆)
だって、合図がわかんなかったんだもん(大爆)

自分は3~4番手で山に突入・・・・・するも、登れなくてエンスト。
思ったよりも急な坂で、リスタートにてこずり、Sさんにも難なく抜かれて、おそらく最後尾(涙)
登りきったところで右に切り替えして下り、すぐまた左に切り替えして登り・・・・急坂で8の字書くみたいに走らされる・・・・・(イチバンキライナンダヨ)

その後短い急坂を登って、本来なら写真に写っている中央の急坂(はっし~氏前転坂)を下るはずなんだけど、「ビギナー」の看板どおりに進むと、迂回コースでしたw。
でもこの迂回コースが曲者・・・・。
木の間を縫うように走るシングルトラックで、距離は短いものの平らなところが・・・皆無!
足を着こうとすると必ず転びます・・・・・で、転びました(爆)

なだらかな下りのコーナーを抜けると、急に視界が開けて、下り坂の下に出ましたw。
でもここ、左は崖だし、右は山肌で狭いので、ゆっくりしか行けない(笑)

その先にはやや急な短い下りがあって、その先に壁の様な上り・・・・。
短い下りで勢いをつけて、一気に登ると、あっけなく成功!
登りきった上は広くなっていて、ビギナーは右へということなので迷わず右へw。
そうでない場合はもう一度同じような急坂を登ることになるのですが、ここは素直に登ったほうが速かったな・・・・・と後で後悔。
ビギナーコースはその坂のあるこぶを迂回したに過ぎなかった・・・・。
じゅうぶん登れると思われます。

で、その先にもまた急坂下り。
やや長めで、すぐに上りになり、これはちょっと長い。
ここの辺はスタックしなかった・・・・・・コケてもおかしくないと思うのだが・・・・・。
すぐに登ると分かっているから、無意識にアクセル開けたんだと思う・・・・きっと・・・。

でもって、その先にすぐやってくる急坂下りが最初にびびったポイント(笑)
3秒くらい考えたかもw。
スゲー急な上に右コーナー(ゆるい)で、まっすぐ行くと崖下(舗装道路)・・・・・。
リヤタイヤロックしたままハンドル操作に集中してクリヤw。

その先がビデオに収めた「木の根急坂スタックポイント」・・・・・・・のはずが、カットされてました(笑)
ちょっとがっかりして(ほんのちょとw)まっすぐ進み、唯一のストレートへ。
右180度コーナーを回って、ゆるい左コーナーの上り・・・・・かと思ったら、コーナー進入してすぐ気がついた。
スゲー急で長~~~~~い上り(爆)
こりゃー行けない!と思ったら、手前に迂回路w。
右に降りていけるところなんだけど、坂の途中に無理やり作ったもんだから、降りるのも大変。
3台くらい仰向けになってました(爆)・・・自分も(大爆)
その先は木の間を縫うように走るシングルトラック。

ジャンプ台にしては大きすぎるし急すぎるこぶを超えて、ヌタヌタのわだち地獄へ・・・・・。
距離は短いけど、妙に逆バンクになっていて、ブレーキかけたら一瞬で転びました。
(もちろん2週目からは無問題ですよw)

下りながらS字に曲がっている狭いコースを過ぎると、山の上の広場に出ました。
AMAのスーパークロス並みのジャンプ台・・の様なこぶをなめて走り(最初は結構びびったw)シングルトラックを進むとパドックが見渡せるポイントに出ました。
本コースに出る出口は・・・・・・・・今までで一番の急坂、しかも長い・・・・・その上、真ん中あたりに、明らかにパワーショベルでくりぬいた後がある・・・・・・・。
「そんなことすんなよ~・・・・・」なんて泣いても始まらないので(爆)リヤタイヤロックさせたまま慎重に降りるものの、横向きそうになってやけくそでアクセル開けた・・・・。
出来た!!!!!!!
以後、この急坂はこけてません(キッパリ)


2週目以降は、仰向けになった急坂の迂回路が閉ざされて、嫌でも登れ!という指令が下ったので、根性で登りました。
・・・・・・・でも、登れば降りなくちゃいけないでしょ・・・・・
頂上でイン側についたのがそもそもの失敗。
「え”っ」と思った瞬間、右に傾いて、足を着こうとしたら地面が無かった・・・・・。
崖下転落か・・・・・・と思ったら、登って降りる山の斜面の、コース以外のとこには木の枝が敷き詰められていて、ふかふかのクッション。
人もバイクも落ちることなく引っかかって、痛くも無い・・・・・。
W松さんって、よく分かってらっしゃる(笑)

後で聞いたら、Sさんもここで落ちたらしいw。
レース終了後にもW松さんから「二人とも同じところで落ちたでしょうw」と・・・・・(笑)
期待に応えられて嬉しいです(爆)

緊張しっぱなしで、気が抜けないコース。
とにかく、バイクを操るのが忙しい・・・・・・。
抜くポイントなんて無いだろうと思ったけど、狭いところであっさり2回抜かれました。
上手い人は違うね。



今回のレースで痛感したのが、2サイクルは自分に向かないということ。
パワーの出方は穏やかなほうがいい。
長い上りで失速しそうになって半クラ当てながらアクセル開けると、浮き上がるフロント押さえるので精一杯。
坂の途中でのリスタートでは、掘り返すばかりで登らない・・・・・等、フツーに走る場面でえらい苦労しました。


終盤、それまで上手く行っていたセクションで失敗することが多くなり、集中力の限界を感じて、「あと1周」のサインを無視して、ピットに帰りました。(リタイヤだな)
「・・・さんが帰ってくれば終了なんですけど・・・・」という、戸田さんのアナウンスが聞こえて、着替え途中のまま、慌ててチェックポイントまで走っていきました(爆)

結果、自分はリタイヤでしたが、Sさんは4位入賞でしたぁ!!!!!!
d0053409_1822696.jpg


以上。
ちゃんちゃんw。
by kyoikyoi | 2006-11-12 20:50 | エンデューロ

11月3日(祝)に谷田部で♪

W松さんちの新しいホームコース(谷田部)で遊びますw。

11月3日の10時くらいから15時くらいまで。

御用とお急ぎで無い方は来ませんか?(笑)

自分はもちろん、レーサーレンタルですw。

参加表明は無用ですので、当日お会いできることを楽しみにしてます(爆)
by kyoikyoi | 2006-10-31 21:46 | エンデューロ

膝のその後・・・2

ご心配していただいている方が若干いるようなので(笑)ご報告をw。

MRIを撮像した技師によると
「内側側副靭帯損傷と、半月板損傷」
とのことだったのですが、金曜日の診察で、
「内側側副靭帯の前側が切れているが、後は繋がっている。半月板にも変化が見られるが、これは加齢によるものでしょう。」
と・・・・・。

とりあえず手術の心配はなくなりました。

が、加齢による・・・・・・・がショック・・・・・(爆)

歳なのね(笑)

剣道で痛める半月版は内側であるケースが多いことから、今回の内側半月版の変化も剣道が原因かもしれないです。




でもまぁ、今日になってようやく普通に歩けるようになりましたw。
まだ痛いですが、筋力回復させながら今週中には全快といきたいものです。

ニーブレース必要かなぁ・・・・・・。


そんな感じで「柏倉」は行きませんでした。
待ってた方(いないと思うけどw)ごめんねw。
by kyoikyoi | 2006-10-01 09:40 | エンデューロ

膝のその後

一番心配していた半月板に割れがあるようです・・・・・。

内側側副靭帯(MCL)は以前にもやっているので、そのときと違う違和感に悩みました。

やっぱりかぁ・・・・・・と、ちょっと凹み気味・・・・。

金曜日の診察で何を言われるかちょっと心配w。

そんな中でもついていたのは、スポーツドクターに見てもらえたこと。
何しろ「レッズ」のお抱え病院みたいなところなので、膝を怪我したらここしか考えられません。

半月版は大事にしてたのになぁ・・・・。
剣道やってると、右膝の半月版って寿命短いのよね。
それをさらに短くしちゃった・・・・・(涙)
by kyoikyoi | 2006-09-25 21:00 | エンデューロ

白河で練習(2006.9.23)

d0053409_14515432.jpg


(Operaのバージョンが上がったら、アップローダーが正常に反応してくれた・・・・・w。
IE使う機会がまた減ったな・・・・・w。)



mahimahiさんと2人っきりの練習会。
しかも、コースは貸し切り状態(笑)

走り出してすぐ感じたのが、「乗れてない」ということ・・・・(涙)
前回(先月)出来たことが出来ないばかりじゃなく、体が遅れてアクセルを開けられない。
・・・・・怖いなぁ・・・・。
前回よりもやや荒れてはいるものの、この程度なら何てことないだろうに、面白くない。

で、3周くらい走って一旦休憩・・・・・。

管理人のY君に
「だめだ・・・・。全然乗れない・・・・。」
と言うと
「時間が空くと仕方ないですよ。自分も毎週乗ってますけど、最初の30分くらいまでは乗れませんから。」
と。
そして
「2速でパワーバンドに乗せる練習したほうがいいですよ♪身体が遅れないようになればもっと行けますよw」

「ん~・・・・・・やってみるか・・・・」

「今日は落ち着いてるので、基本的な練習方法教えましょうか?」

「お願い!!」

ということで、Y君のレッスンが始まる。
ラッキー♪

先ずは2st 125 レーサーのパワーに慣れる。
荒れの少ない奥のストレートで練習。

肘を張り出すように曲げて、胸はハンドルにかぶせる。
背中を伸ばすようにして背骨とリヤサスが直線になるようにする。
こうすることで、体重を効率的にリヤタイヤに乗せられるので、トラクションが得やすくなる。

Y君の見本で聞いたエンジン音は、速い人たちが出す音。
自分達はパワーバンドまで回せてなかったのがよく分かった。

mahimahiさんは初回からいい感じで開けているのに対して、自分は思い切って空けられない。
それでも頑張って開けてみると、今まで感じたことのないパワー感に圧倒されました。
何回か繰り返して
「いい感じになってきましたね♪」
ということで次のレッスン。

今度はコーナリング。
タンクの上に座るくらいの気持ち(ってか、タンクの上のシート上)で、左コーナーなら右膝でタンクを押し込む。
シートのかどにお尻の割れ目がくるくらいで、外側の肘は上げるように大きく張り出す。
見本をやってくれた後でY君が
「nobさんだとかなり窮屈だと思いますが、膝で押さえる感じは大事ですからがんばってやってみてください」

で、実際にやってみるが
「もっと前に座ってください・・・・・そうそのくらい・・・・・・」
「スピードが落ちすぎです・・・・・・止まりそうになってますよ・・・・・もっと乗せたほうがスムースです・・・・・・そうです♪いい感じですよw」

で、今までが何だったのかというくらいスムースに回れるようになったw。
頭じゃ分かってんだけど、実際に悪いとこ指摘してもらうと効果覿面だな♪

ここで調子に乗って、練習しているコーナーの先(フープスが終わった後)にある小さめのテーブルトップで、ギアの選択ミスからまくられてしまい、膝に軽い痛みを感じました・・・・・・・・これがその後・・・・・・・(最後に書きます)

次もコーナリング
「今は180度ターンをインべたで回りましたが、このコーナーは3本のラインがあります。今のインべたと、真ん中のわだちを使うラインと、外側のバンクを使うライン。外側はスピードを乗せたままフープスに入って行けるので、2回飛んで通過するときに使ってますw。」
と・・・・。
で今回のレッスンでは真ん中のわだちを利用したコーナリング。
「バンクにあてる乗り方でいいので、早めにアクセルを開けてスピードを乗せましょうw」

ところが、そのわだちにタイヤを合わせるのが難しい・・・・・。
感覚がつかめないものの、イメージは出来るようになったので、出来ないまま次のレッスンへ。

ジャンプ!
・・・・・・・どうやら今までの自分達は惰性で飛んでいたようです・・・・・・・・。
「飛びきるまでアクセルを戻さないでください。中途半端に戻すと前につんのめって危険ですよ。先ほどのパワーバンドに乗せる練習の走り方のまま、後輪が山を越えるまでアクセルは開けてくださいw前傾姿勢でフロントにかぶさるようにして、パワーバンドに乗せたままいきます♪」

・・・・・・・怖ぇ~・・・・・・・・・。

最初は3速全開と言っていたY君だが、自分達の不安げな目を察して
「2速・・・にしましょうかw」
と訂正してくれた(笑)

一番ゆるくて低い、上りに差し掛かるところのお山。
その先にもう少し小さいお山があって、Y君は先のお山の向こうまで行っちゃう。

自分的にもここのジャンプは練習に最適と思っていて、毎回ここだけは飛ぶようにしてましたが、2速全開で「飛びきれ!」というのはちょっと・・・・・・。

案の定出来ませんでした(爆)
mahimahiさんは出来てるのになぁ・・・・最後のほうでは3速全開でも行けるようになったと・・・・・(すげっ)

ここで一時間くらいのレッスンは終了。
今後の課題が明確になってきましたw。

Y君ありがとう!!

昼食後、mahimahiさんとお互いの走行シーンをVTRに収めました。
レッスン前とは明らかに違う走りでした。
d0053409_1744830.jpg

d0053409_1744098.jpg

ねっ、違うと思わない??

自分は・・・・どうでしょう・・・・???
d0053409_1774145.jpg

d0053409_1775575.jpg


この後からさっき痛めた膝が赤信号を出し始めて、15時前には終了にしました。
早々に着替えてコースに目をやると、そこではmahimahiさんとY君のバトルが・・・・・。

Y君は要所でパワーを出すものの、mahimahiさんの後ろから離れないで走りをチェックしているようでした。
そのときのmahimahiさんは・・・・・追いかけられて必死に逃げるようにも見えましたが、見る見るペースが上がってきて、最後の3周くらいはびっくりするくらいの周回スピード!
なんと言っても直線で開けるアクセルの開度が格段に大きくなった。

もう追いつけないなぁ・・・・・・・・・あっ・・今までもそうだった(爆)

運転にも支障をきたすくらいに膝が痛み出してきたので、mahimahiさんに運転してもらって宇都宮へ帰りました。
サポーターと湿布薬を買って、早速応急処置をして、スーパー銭湯では湯船に入らず洗うだけ(寒かった)
そこにWさんが登場して、mahimahi家で宴会が始まり、O氏も加わって今日の反省会に花が咲いた。

O氏は帰ったものの、Wさんも自分と一緒にお泊りして、Wさんは早朝に、自分は8時半ころ失礼しました。

mahimahi家の皆様、お邪魔しました。
ありがとうございました。
怪獣君の具合はいかがでしょうか?



で、帰りの車。
なんとかアクセルは踏めるのだが、ブレーキに右足を移せない・・・・・。
仕方ないので、ブレーキは左足で。
結構怖かった(笑)
緊張しながら車を運転したのは・・・・・・・25年ぶりか・・・・(爆)

右膝 内側側副靭帯 損傷 の疑い濃厚。
ACLは大丈夫。
完全断裂じゃないことを祈ろう・・・・・。

明日は休みかぁ・・・・・・病院行こうかな・・・・・・w。
by kyoikyoi | 2006-09-24 14:52 | エンデューロ

2006.8.12 白河練習会

なんか犬が来てからというものの、すっかり生活のリズムが変わってしまい、この程度のレポート書くのにも時間を作る必要が生じてきて・・・・・。
当直明けで呑みながらやってます(爆)


前日20時ころ出発。
東北道は帰省ラッシュのちょっと前で、交通量は多いものの80キロ以下になることはなかった。
結局22時30分ころには到着して、誰もいない駐車場で皆を待つ。
とても夜風に吹かれてビールを飲む気分にはなれないので(笑)車のシートをフラットにして背もたれだけ起こしたまま呑んでました。
23時ころW松さん親子登場w。
犬の話などしながら簡単に挨拶させていただきました。

23時30分ころには、skypoodleさん到着!
ここからテーブルを出して、ビヤガーデン気分で乾杯w。
その後少量の雨を感じたので、備え付けのテントにテーブルごと移動し、白河の管理人である「ゆうやくん」と3人で宴会。

いろいろと参考になる話など聞かせてもらいながら、3時30分を確認して寝る事にしました。


翌朝、skypoodleさんに起こされたのが9時・・・・。
(よく寝たw)

朝食を摂っていると、mahimahiさん登場!

着替え中にはツーリング途中のMakotoさんまで顔を出してくれましたw。



今日の自分の車両は、前回乗りやすいと好評だった「YZ」。
ゆうやくんに言わせると「濃すぎて回らない・・・セッティングミス」車両らしいのですが、自分には分かりませんでした。
かえってトルク感があるように感じて、「乗りやすい」というのは本当だったと思う始末w。

mahimahiさんは、前回のベストセッティング「CR」。
軽く良く回るエンジンで、パワーの出方もマイルド。

skypoodleさんは自前のKTM125
1週間前に川越で12時間に出た車両。
前輪のビードが落ちたままで、入れるのに若干苦労してましたw。
d0053409_16171738.jpg


この日のエンジョイスポーツランドには沢山の人が来ていて、上手な人の走りを見ているだけで勉強・・・どころじゃなくて感動さえしました。
かる~く流しているようにしか見えないのに、ジャンプの高さやストレートの速さは半端じゃなかった・・・。
d0053409_16235623.jpg


そういう人たちの邪魔にならないようにそ~っとコースイン(笑)
開ける所は出来るだけ開ける・・・・・と思ったけど、やっぱり2stの加速はすごい。
おまけにエンブレが効かないので、つい行き過ぎてオーバーランしそうになってテールスライドばっかり(涙)
新しく出来た細かくて短いウォッシュボード(フープス?)にはびびったw。
高さは最大80cmくらいだけど、間隔がタイヤの直径くらいで、どうしようかと思った・・・・・・ときに、エンスト→転倒(爆)
後ろでmahimahiさんが「なにやってんだよ!早く行けよ!!」とでも言いたげに待ってる。
・・・・・・・・・・・・「マテ」が出来ましたね(爆)
でもここでコケたのはこれ1回きり。
開ければいいのよ開ければ・・ねw。

そのほかにもコースレイアウトが変わっているところがあって、ミスコースしないように2週くらいはゆっくり走りましたw。

でも・・・・・出来ないところは毎回同じ・・・・。
どうやらコーナリングに問題があるようです。
複合コーナーや下って上るコーナーはいつもダメダメ(涙)

それでも、来る度にペースは上がっていると感じられます。
この辺はmahimahiさんと同じ考えw。
出来ないところも一つ一つ出来る(レベルは低いですが)ようになって、それなりの満足感はありますw。

そうそう。
いつも飛べそうなのに怖くてアクセル閉じちゃってたジャンピングスポットが、低く改良されてましたw。
怖さも半減・・かと思いきや、それまでの走行パターンが変えられずになめる自分(笑)
他のメンバーは「とんでるよ!」と・・・・。
それを聞いて自分も頑張りましたが、ちょっと浮く程度かなぁw。
まぁ次回には何とかしましょう。

下りの2連も行けそうで行けない・・・。
(mahimahiさんは最後に飛んだそうです)

結局今日の課題である「思い切って開ける」は最後のほうになって何とか達成!
3速全開まで記憶してます。
この時点で、ゆうやくんの言っていたミスセッティングが分かりました。
頭打ちがある・・・・・・。
もうひと伸び欲しいところで失速するようにパワーが落ち込むのが感じられました。
ガボガボいってた気もするし。
でもこれを感じただけすごいことです<自分


途中、skypoodleさんのKTM125(98?)に乗せてもらいました。
「ジェッティングが悪くて濃いから回らないよ。早めにシフトアップしてね♪」
ということだったのでそのようにしました。
KTMってYZに比べると嘘の様な低速トルクで乗りやすかったw。
アイドリングもするので変に気を使わないで済むし、回らないことだけ気にかけていればコーナーの立ち上がりも楽♪
サスも良く動いてくれて疲れが少ない気がしたし、結構いい感じでしたw。
「KTMだと生き生きと走ってたねぇ」とはmahimahiさんの弁。
やっぱりトルクのある車両で、ややサスは柔らかいほうが自分には向いているようです。
その後に再びYZに乗ったらいきなりエンスト(爆)
元の感覚が戻るまで結構な時間を必要としました・・・・・。
慣れればこれはこれでいいバイクなんですけど。

やっぱりあれかなぁ。
そろそろ自分のレーサーが必要ですかねぇ。
レーサーじゃなくても軽いのが。

マシンに慣れるところから始まるといろんな意味でロスが大きいと感じる今回の練習でした。


夕べ、ゆうやくんが「WR250っていいですよう!とにかく疲れないし、疲れてもそこそこ走れますから」って言ってたのが脳裏を横切った(笑)



最後に。
もうそろそろ終了時間かなと思って走りに出ようとしたところ、mahimahiさんが
「下りの2連飛ぶからビデオにとって!」
と言うので、よく映るポイントまで移動しようとしたときのこと。
「お仲間が・・・・・」
と他のチームのメンバーから声をかけられました。
指を差す先は、やや長い登りの後を下って来た先のバンクのある左180コーナー。
その先はテーブルトップというところ。
以前K籐さんがハイサイドを起こしたポイントでした。
そこで前転してバンクの向こう側へ飛ばされたらしい。
行ってみると、バンクの向こう側すぐの溝にskypoodleさんが仰向けで。
その先にはKTMがヘッドライトをこちらに向けて横になってました。
W松さんがいろいろと身体を診てくれていて、
「怪我はないようだね。ヨカッタァ!」と。
W松さんと自分でskypoodleさんの身体を支えながら自分達のスペースへ移動し、お借りできたビニールベッドに横にして氷枕を。
d0053409_16173717.jpg

「記憶がない・・・・・」
を連発するskypoodleさん。

しばらく休んでいると記憶が戻ってきたようで、なんとか帰宅できそうだと判断したところで撤収。

16時30分ころコースを後にしました。

帰りは294~293~4号バイパスで、20時帰着。

その後の連絡で、skypoodleさんも無事帰宅できたようで安心しましたw。

報告終了♪
by kyoikyoi | 2006-08-14 16:20 | エンデューロ

誘・白河の練習会

6日のエンデューロは諸般の都合により断念しました・・・・(涙)

13日のW松さん主催の練習会はスクール付きで美味しいのですが、仕事で断念(再涙)


で、12日(土)なら行けるんですけど、一緒に行く人いませんか?

白河のエンジョイスポーツランドで、レンタルバイクで遊ぶ企画。

mahimahiさんは塩湖だし、hassieさんは術後だし・・・・・。

sachiさーん、彼女連れてこない??
MLに流したら集まるかしらん???
by kyoikyoi | 2006-08-03 20:43 | エンデューロ

実録:雨の「エンジョイスポーツランド走行会」



カメラを忘れた自分は、他人様のご提供くださる画像データが頼り故・・・・
sachiさん、ありがとねw。
skypoodleさん、待ってますよ(笑)。
**************************************************************


前夜。
羽鳥湖近傍の別荘にて、F6MLのオフ会が行われました。

食材を仕入れて別荘に運び、温泉にGO!
そろそろ上がろうかというあたりからポツポツと降り始めた雨は、別荘に着くころには土砂降り。
それこそ「滝」の様な雨。
下界はどうだろうと、明日のコースコンディションを心配するも「覚悟は出来てるジャン♪」ということで、考えるのやめました(爆)。

いつもなら睡眠より「酒」だと思ってたH氏&SP氏が早々に撃沈。
しばらくして周りを見渡すと、日付が変わる前から脱落者多数。
自分も落ちようかと考えた瞬間、M氏が「俺はもう寝ないで飲むよ」と・・・・・。
・・・・・「付き合いますよ」・・・・・・・と、心にも無いことを平気で言う自分(笑)
結局4時までは憶えてますw。(明るくなってきたなぁ・・・・と・・・・・)

皆が起き始めてから、車の中で仮眠を取りました。

9時半ころ別荘を出て(運転はsachiさん♪)給油や食料の買出しをして、コースに着いたのが11時ちょっと前くらい。

先ずはパンク修理から(爆)
前日の八溝林道経由組のY氏が林道で釘を頂いて、タイヤパンドーで止めてあったところが、給油の際のエアー補充で元の木阿弥・・・・・。
パンクしたままコースまで走って、mahimahiさんのスペアチューブに交換。
d0053409_1740465.jpg


実はY氏のF-GSは、FR共にDakarのサス&F21インチの「Dakar化」F-GS。
センスタが無いのでリヤ持ち上げるのにちょっと苦労しました。
(車のジャッキ使用w)


別荘に降っていた激しい雨はここにも降ったそうですが、見た感じは想像以下・・・・・。
d0053409_1815595.jpg


降ったりやんだりを繰り返す天候の中、実際に走ってみると、まとわりつくような土質ではないのでバイクが重くなることもないし、大昔の「桶川」に比べたら走りやすい。
水溜りも最小限で、水はけは悪くないと思いました。

でも、グリップしないのは当たり前で、ジャンプの手前での加速も思うように行かず、自分はひたすら「バンク」のあるコーナーの練習にいそしみました。
当たり前だけど、バンクには水がないし、硬さも保たれているので、倒してアクセル開けるのみ。
でも、その前後の路面を考えると思い切って倒すことにも勇気が必要<自分w

けっして格好良くは無かったけど、前回よりも上手く「バンク」を使うことが出来ましたw。
(もっと倒してもいけるんだよなぁ・・・・)
イメージでは、進入まである程度スピードを保って、バンクに対して垂直まで倒して(バンク角によってはハンドルが地面に着くぐらい)アクセルを思い切って開ける・・・・・だったんだけど♪
倒し方も足りないし、アクセルも思うほど開けられなかった(涙)

借りたバイクは
d0053409_17421976.jpg

この他にもう1台レーサー125がありました。
これは走り終わって洗車待ちのところ。
田んぼみたいなところ走った割にはこんなもんw。
20年前の桶川だったら、単なる泥の塊でした(笑)

今日のコンディションなら手前のXR200が最高の相棒でしょう。
実際、自分的には一番速く走れましたw。
ただ、4st乗った後に2stレーサー乗るときは気をつけないとね・・・・・。
「アクセル開けすぎ」&「強力なブレーキ」で何度もスリップダウンして、ちょっと鞭打ちぎみです・・・・・・・。

XR200で調子よく走ってるとき、mahimahiさんに追いつきそうだったので頑張って走ったら、射程距離に入ったので「もうちょっとだ!」とアクセル開けたところ、やけに簡単に抜けたので「?」と思いました。
「?」の答えは、他のチームの4stレーサーと勘違いして譲ってくれたんだそうです・・・。
その後、猛然と追い回され、バンク使ってアウトから回っている自分を、インギリギリで抜きにかかるmahimahiさん。
危うく接触するところでした。
・・・・・もう・・・・・頼むよぅ・・・・・「あ”ぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!」って大きな声が出ちゃうジャンw。

でもこの接触未遂事件は、走行終了間際にmahimahiさんに対するYさんの仕掛けで再現され、このときは見事に接触→コースアウトとなりましたw。
場所が同じっても何かの因果かも(笑)

このときコースアウトしたXR200を引き上げるのが結構大変だったけど面白かったw。
W松さんちの若いお兄ちゃん曰く
「あそこは出ないぞ~・・・・・」と・・・・・。
かなり深刻な顔だったので、意地でも上げてやろうと現場に急行!
大した事無いかと思いきや、バイクの前輪が刺さっている水溜りが蟻地獄のように柔らかい所。
入っただけでくるぶしが隠れて、バイクを持ち上げようと力を入れると膝まで埋まる・・・・。
何とか全員で力を合わせて前輪を抜き、出そうな方向にバイクを向けた。
ここからはmahimahiさんの出番♪
こういうところすきでしょ(爆)
半分以上埋まってるリアタイヤを抜きつつ、皆で押しながら沼から脱出させ、後はmahimahiさんにおまかせw。
「こういうの楽しい!」
と言ったのが誰だかは、言うまでも無いでしょう(爆)


15時まで走って(もちろん休憩しながら)洗車&洗人wして16時ころ撤収しました。
撤収完了間際から雨脚が強まり、「走ってるときじゃなくて良かったぁ」と思いました(皆)

帰る途中で出始めた筋肉痛は、現在ピークです。

最後のほうで、足が攣って止めたんですが、電解質不足だったかなと反省中・・・・・。

以下、頂いた画像データを元に皆さんの紹介を
mahimahiさん
d0053409_17431869.jpg

d0053409_17432792.jpg

抜くときには手段を選ばない(笑)、後ろに着かれると、わざとアクセル開けて泥を飛ばす(爆)。
「オトナ!」(大爆)


Yさん
d0053409_17474720.jpg

d0053409_17475497.jpg

体重を生かしたグリップ走行を得意とする、かと思いきや、インからの押し出しも覚えた成長株(爆)


hassieさん
d0053409_17514592.jpg

d0053409_17515338.jpg

この人の周りだけ時間の流れ方が違う・・・・と感じているのは自分だけではないことが判明w。
不思議なオーラを醸し出す。
走ってるときにもこのオーラは消えません(爆)。


skypoodleさん
d0053409_17555969.jpg

今回のメンバーでは1番の腕前。
のはずが、仕事優先で無理しない抑えた走りでした。
でも・・・・・。
mahimahiさんがコースに入ると必ず追いかけるように入って行き、執拗に追い回す。
このバトルは見ごたえあった。
結局、mahimahiさんの「泥飛ばし作戦」で撤退を余儀なくされたのが残念(爆)


sachiさん
d0053409_1805252.jpg

d0053409_181430.jpg

久しぶりのコース走行だった上に、このコンディションでは苦しかったでしょうw。
2stは身体に合わないそうで、自分と同じ匂いのする方(笑)。
XR230買ってくださいw。

Makotoさん
d0053409_1853749.jpg

d0053409_1854780.jpg

d0053409_1855811.jpg

初めてのコース走行の為、必要なプロテクター類をhassieさんから譲ってもらったらしい。
XR100で快調に走り続け、疲れた表情ながらも「たのし~♪」を連発(笑)。
今日1番の「楽しんだで賞」間違いなしw。
「○○(年齢)になって新しいことはじめると思わなかったよ~」
等と、既に気持ちは次の練習会に向いていた(爆)



で、自分です。
d0053409_181785.jpg


以上!












でもさ~。
休憩中にあまり大きな声で「下ネタ」で盛り上がるのは止めようねw。
俺は「やだっ」って言ってるのに、皆はもう・・・・・困るなぁ(爆)
by kyoikyoi | 2006-07-17 18:12 | エンデューロ